スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

古代エジプト展 -永遠の美- 2002年に開催されていた展示会のレポートです。

古代エジプト展 -永遠の美- 2002年に開催されていた展示会のレポートです。

2012年「ツタンカーメン展~黄金の秘宝と少年王の真実」から先立つこと10年前、
2002年古代エジプト展 -永遠の美-」が大阪で開催されていたことをご存知ですか?
当時、誠司の部屋に掲載していた記事を、再掲載しました。行って感じたことを素直に書いています。






古代エジプト展
  - 永遠の美


<開催概要>
開催期間
2002年3月4日(土)から4月18日(木)終了しました。
休館日
・開催期間中無休
開催時間
・11:00から18:00(入場は17:30まで)
開催場所
大阪南港ATCミュージアム


■今回の展示は、ドイツ ヒルデスハイム博物館所蔵品の展示です。
ツタンカーメン王のとかそういう派手なものは有りません。
展示物は寄せ集めの印象はぬぐえませんが古代エジプトファンなら是非
行った方が良いでしょう。
見所は、今回の展示会のポスターにもなっている
 「ペネジェの彩色木棺の蓋」 ですね。それなりに、迫力が有ります。
展示品は、全体的に小さなものが多く眼をこらさないとよく見えません(半分冗談、半分本気)。

館内は展示品を傷めないようにということで、非常に暗いです。
でも、展示品のケースには割りと強めの照明が当たっています。
館内にも蛍光灯で照明を作ることが出来なかったのでしょうか。
子どもは泣いていました。神秘的な感じを出そうとしているなら、
完全に外しています。
 もう少し目玉になるようなものが有ればよいのですが、
あまり目立つものが無い上に、展示方法も悪いと思います。次に期待!!
とはいえ、なかなか盛況でした。 私は展示物ではなく、古代エジプトの
説明文が気になりました。その場で、写してきましたので紹介します。
尚、館内は撮影禁止、模写も禁止、ボールペンの使用も禁止でした(鉛筆は、可)。
鉛筆で、館内の気になった掲示物を写してきました。

千の神々の国
古代エジプトの宗教はピラミッドが次々と作られた古王国時代までに、
神々の像や教義の重要な部分が完成していた。
 古代エジプト人の世界観によると神々は公私にわたって人々の生活と
深く関わっていた。彼らにとって自然は畏怖の対象であると同時に大いなる
恵みの源であり、古くから動物や草木など実に様々な自然物に神性を認め
多くの神々を生み出した。それは、古代エジプトには、たくさんの部族が
集合していたことにも起因している。
 神々には、人間と動物の二つの顔を持つものもあり、ハヤブサ・ライオン
・カバ・ワニ・雌牛など多くの動物が神々の姿として描かれたのであった。
また、エジプト各地の町ではそれぞれの町を守護する神々を崇拝しており、
人々の生活と密着するものとして多くの神々が存在していた。
このような神々のうち宗教上の聖地であった ヘリオポリスの太陽神ラーは、
古王国時代に国家神となり、また新王国時代には 首都テーベの主神 アメン
も、絶大な力を持つようになった。 ナイル流域で生まれた神々だけでなく、
近隣諸国やヌビアの奥地リビアの神々までが取り入れられ崇められていた。
さらにエジプトは何世紀にもわたって自分たちの神々を他国に広めていった。
古代エジプトは、ヒッタイトが「エジプト人には千の神がいる」と書き残して
いるように、数え切れないほど神々が共存するまさに多神教の世界であった。


私はこれを読んで、日本と同じだと思った。日本に伝わってきたのかも
しれない。日本でも、様々なものに神が宿っています。
特定の宗教がどうのこうのということではなく、なんかよくわからないけど
何かに祈っているという感じです。
 私たちは昔からたくさんの神々に見守られて暮らしていると思います。
時にその対象が、物であったり、人であったりします。よくわからないもので
あったりします。
 そんな事を考えたとき、古代の人を近くに感じました。

2002年3月 誠司の部屋





誠司の部屋 Facebook
produced by 誠司の部屋

スポンサーサイト

スポンサードリンク

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【誠司の部屋の新着情報】

古代エジプト展 -永遠の美- 2002年に開催されていた展示会のレポートです。2012年「ツタンカーメン展~黄金の秘宝と少年王の真実」から先立つこと10年前、2002年「古代エジプト展 -永遠の美-」が大阪で開催されていたことをご存知ですか?当時、誠司の部屋に掲載していた?...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

誠司の部屋

Author:誠司の部屋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
日本ブログ村
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。